毎年9月に倉敷アイビースクエア・アイビー学館で高梁川流域の企業文化を伝える晴れの国に棲む「龍の仕事展」の公式HPです。


by w-union

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
企画概要
運営目標
企画コンセプト
募集要綱
会場構成
展示スペース
実行委員会
タイムスケジュール
事業概要PDF
募集要項PDF
申込用紙word
参加企業・団体
参加企業PDF
チラシPDF
ボランティアスタッフ
インターンシップ書類
龍の仕事展2017
龍の仕事展2016
龍の仕事展2015
龍の仕事展2014
龍の仕事展2013
龍の仕事展2012
龍の仕事展2011
龍の仕事展2010
過去の様子PDF
未分類

外部リンク

その他のジャンル

カテゴリ:実行委員会( 1 )

龍の仕事展実行委員会

龍の仕事展2017実行委員会(2017/5/末現在)

実行委員長:森田酒造㈱ 代表取締役社長 森田 昭一郎

 副委員長:カツマル醤油醸造㈱ 代表取締役社長 岡本 研吾

 事務局長:DESIGN STUDIO PROJECT-G 代表 久保田 正彦

 実行委員:33名
 
        倉敷商工会議所 舩橋 計哉

        玉島商工会議所 経営指導員 柚木 将一

        児島商工会議所 業務係長 片山 裕之

        笠岡商工会議所 業務課長 波多野 孝志
       
        井原商工会議所 事務局次長 國藤 哲彦

        高梁商工会議所 総務課長補佐 赤木 俊平

        総社商工会議所 業務課長 坂本 慎二

        新見商工会議所 業務課長 上田 正


        つくぼ商工会 事務局長 上原 治朗

        総社吉備路商工会 事務局長 板野 明和

        真備船穂商工会 事務局長 山室 敏郎

        浅口商工会 事務局長 戸田 順平

        備北商工会 事務局長 山岡 節夫

        備中西商工会 事業支援課長 竹井 秀一

        阿哲商工会 事務局長 山本 幸弘

       
        倉敷芸術科学大学 産業技術学部 学部長 教授 小山 悦司

        くらしき作陽大学 進路支援室 室長 山本

        吉備国際大学 社会学部 准教授 小西 伸彦

        岡山県立大学 デザイン学部 学部長 教授 森下 眞行

        新見公立大学 看護科 教授 木下 香織

        倉敷市立短期大学 服飾美術学科 准教授 田中 孝明

        川崎医療福祉大学 子ども医療福祉学科 准教授 尾崎 公彦

        ノートルダム清心女子大学 現代社会学科 教授 紺谷 亮一

        岡山理科大学 社会情報学科 教授 山口 隆久

        中国学園大学 総合生活学科 准教授 藤田 悟

        就実大学 経営学部 経営学科 准教授 八巻 惠子


        倉敷アイビースクエア 文化事業部 工房 学芸員 森 貴彩

        おかやまアナウンス・ラボ㈱ 代表取締役 森田 恵子

        奨農土地㈱ 代表取締役専務 原 浩之

        森田酒造㈱ 代表取締役社長 森田 昭一郎

        カツマル醤油醸造㈱ 代表取締役社長 岡本 研吾

        岡山県備中県民局 地域づくり推進課 課長 吉田 光宏

        DESIGN STUDIO PROJECT-G 代表 久保田 正彦

龍の仕事展2017実行委員会 運営方針

【実行委員会の目的】
 第1条 「龍の仕事展」の事業の価値を高めることを目指す。

  第1項 高梁川流域(備中県民局管内)の連携を図る。
  第2項 毎年恒例の事業として開催できるよう努める。
  第3項 産官学の連携を推進する。

【実行委員会の任務】
 第2条 「龍の仕事展」の企画立案・事業計画・収支予算・実施運営並びに事業報告を行う。

  第1項 事業計画・収支予算・事業報告・収支決算は、実行委員会の承認を得る。
  第2項 各委員は所属団体へ議事・承認内容を報告する。
  第3項 各団体に所属する各企業・事業者へ、本事業の説明を行い、参加の協力をお願いする。
  第4項 広報活動へ積極的に参加・協力する。
  第5項 産官学の連携を図り、本事業の価値を高める。

【実行委員会事務局】
 第3条 龍の仕事展実行委員会事務局を以下の場所に設ける。

  ・DESIGN STUDIO PROJECT-G
   倉敷市美和2-10-18 蔵2F 電話:090-7502-6177 FAX:086-431-0781

【付則】
 ・この方針は平成23年7月19日から施行する。
 ・平成24年度からは特に第1条第3項、第2条第5項へ注力する。
[PR]
by w-union | 2016-03-31 18:39 | 実行委員会