毎年9月に倉敷アイビースクエア・アイビー学館で高梁川流域の企業文化を伝える晴れの国に棲む「龍の仕事展」の公式HPです。


by w-union

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
企画概要
運営目標
企画コンセプト
募集要綱
会場構成
展示スペース
実行委員会
タイムスケジュール
事業概要PDF
募集要項PDF
申込用紙word
参加企業・団体
参加企業PDF
チラシPDF
ボランティアスタッフ
インターンシップ書類
龍の仕事展2017
龍の仕事展2016
龍の仕事展2015
龍の仕事展2014
龍の仕事展2013
龍の仕事展2012
龍の仕事展2011
龍の仕事展2010
過去の様子PDF
未分類

外部リンク

その他のジャンル

カテゴリ:企画コンセプト( 1 )

龍の仕事展とは…

d0238988_0511960.jpg

 龍の仕事展とは、毎年9月に倉敷アイビースクエア内のアイビー学館を会場として高梁川流域のものづくり企業、約30社が企業文化の展示を行い、商品のPRや販売を行うものです。2010年の国民文化祭から毎年開催され、今年で7回目を迎えます。

 「龍」とは高梁川のことで、地域名を持つ川の名称ではなく、流域にあまたの恵みを与えた母なる川として、このイベントでは高梁川を龍と呼んでいます。また、高梁川は古代「吉備のくに」の中核として多くの文化を生み出し、多くの地域をつなげました。

 私たちは、この母なる川を「龍」というひとつのシビックプライドとして掲げ、広く同じ水で生かされている備中エリアの人々がつながり、協力しあうことを目指しています。私たちが「龍の末裔」として、この地を愛し、さらに豊かにしていきたいと願うことが、この流域に暮らす人達が生涯に渡って誇り高く、心豊かな生活を営むために必要な生活具を残し、伝え、また新たに企画開発していくことに結びつき、そして固有のライフスタイルを実現していくことを目指したコンセプトなのです。母なる川の恵みを受け、この地で「もの」を生み出すことを「なりわい」とする「龍の末裔」の仕事を集めた展示が「龍の仕事展」なのです。

 ものづくりに関わる企業は、その発生・発展・開発商品が地域特有の気候・風洞・歴史・文化に大きく影響を受けて派生しています。すなわち、土着企業の生き残るための工夫こそが、地域と密接に結びつく固有文化を形成するものなのです。

 そしてこれは、資本も人材も弱い地方のブランドが、都市部と戦略的に差別化できる重要な切り口であり、地方にこそ都市のブランドが切り捨ててきた歴史・文化が強く残っている強みを再認識すべきなのです。今後、海外市場に対しても、日本が次に輸出すべき商品に「文化」=クールジャパンが期待されています。企業文化の展示とは、商品を売らんがための展示・即売ではなく、しっかりと企業文化に焦点を当てた展示を行います。企業自体も自らの足元を掘り下げることで、見落としていた自社の付加価値を見直し、「製品」から地域ブランドといった「商品」を生み出す切欠にもなります。

 更に、全国から大勢の観光客が訪れる倉敷美観地区の中核的施設である倉敷アイビースクエアを会場として地域企業の展示・商品の販売を行うということは、地域のファンが集まる場所で地域ブランドをPRできる強みに加え、全国各地の人々に対し新商品のテストマーケティングを行うことも可能で、充分にコンベンション機能を有しています。加えて、来訪者並びに地域住民には地域の文化を広く学ぶことのできる機会と場の創出として、広域観光学習、企業認知による就業企画の促進にもつながる可能性を持つものです。
[PR]
by w-union | 2016-05-13 00:52 | 企画コンセプト